2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶされたり盛られたりした一日



昨日は気合いを入れて、青色申告のエクセルデータ入力を全部、した。
仕訳帳とか総勘定元帳とか、本の通りにすすめて、やっと決算書までできたっぽい!これでたぶんいいんじゃないか⁈となるころには深夜3時……一気にやるからだよ……絶対これからは毎月仕訳帳をちゃんと入力しよう……もう全部自分でできるようになったし…( ; ; )

倒れるように眠り、朝むくりと起き上がり、病院へ。
乳がん検診なのであった。
ずっとさぼっていたので、初マンモグラフィである。
痛いとか噂に聞いていたが別に痛くなかった。体格のいい女性技師に体をあちこち摑まれ、脚だけ前に出ろとか肩を下げろとか顔をひっこめろとか腕をだらんとしろとか手はここを摑んでとか、異様に不自然な体勢を作るためにあれこれ指示されたのが面白かった。かっこよかったなあの女の人。強そうだった。柔道の選手みたいな感じで。

しかし、検査の前に説明しながら案内してくれたのがおじさんで、おじさんにマンモグラフィの説明聞くのってどうなのよ。
おじさんは胸の前で挟む動作して説明してくれた。それをまじめな顔をして聞いた。

まあ、あのひとも大変だわね。。。やったこともない検査の説明ってさ。。。

というわけで初めての、胸をぎゅうぎゅうつぶされる実験終了。

一度家に帰り、仕事のメールをしたり振り込みをしたり、たまっていた雑事をすませる。

慌てて着替えて、次は渋谷からバスに乗り、メールで指示された場所へ向かう。

こないだ買ったベリーダンスの衣装の、お直しの採寸に行くのである。

買った店の近所のお直し屋さんを紹介されたのかと思っていたら、個人宅なのだった。ベリーダンス界では有名なのかよくわからないけど先生もやってもらっているらしい、M子さんという方のアトリエに行く。
どの駅からも遠い、閑静な高級住宅街のマンションの一室へ。

そうして、初めて会う方のお宅の一室(採寸のためのお部屋って感じだった)で、いきなり半裸同然になって衣装に着替えて、胸をぴったりサイズに仕上げるべく採寸していただく。

初めて会う人に胸を曝す日であるな。。。

午前中は潰されまくった胸が、今度は盛られまくり吊られまくり、どんなに激しく踊っても美しくみえるよう採寸される。

潰すのもプロだったが、盛り上げるのもプロの仕事だった。

スカート部分も、裾の長さを採寸。ほとんど脚の付け根まで入っている深いスリットを、さりげなく露出控えめに仕上げる提案もしていただく。

30分ほどで終了し、ほっとして帰り道にあったスタバへ。
写真は、その窓辺で撮ったものです。いまいち素敵に見えないが、全面ガラス張りで、すごく広かった。目の前にはけやき並木。高そうな犬を連れたひとが歩いていた。
本屋と併設で、本を好きなだけ持ってきて読んでいいいタイプのスタバだった。深夜までやっている。こんな住宅地で。
高級エリアは違うなと思った。
静かだし緑も多いし、どの駅からもすごく遠くて不便そうだが、環境いいなあと思った。
ここに住んだらどんな暮らしをするかという無駄な空想をする。

不思議な日だったな。

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eliko38.blog12.fc2.com/tb.php/2772-9f5e46d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ペルシャ料理店にて *TOP* 横たわるふたり

パッチョくん時計

最新コメント

最新記事

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

Eriko

Author:Eriko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。