2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルシャ料理店にて



某日。
14名のダンサーチームの一員になり、顔合わせをした。
M先生の4クラスから合わさったメンバー。
先生がショーをやるペルシャ料理店にて、ごはんを食べつつ先生の踊りを見つつ、顔合わせ。

クラスごとに、女性たちのタイプが違う。平日の昼間と夜のクラスでは、必然的に職業や年齢も違う。
あまりに違うために、クラスごとに固まって座っている。私はちょうど真ん中くらいに座ったので、右にしっとりした奥様集団、左にはイケイケOLたち、ということになった。

しっとり奥様とイケイケ女子では、速度があまりにも違っていた。

そのため、右を向けばしっとりゆったりていねいにしゃべり、左を向けば弾丸トークで距離を一気に詰める、という感じになってしまい、けっこう疲労。自分が本能的に他者の速度に合わせるのが得意だと改めてわかったが、問題なのは、得意なのに全くやりたいことではない、ということだった。
むしろやりたくない。
でも勝手にそうなってしまうのだった。

まあ、顔合わせして少し安心した。

あとは振付を憶えるだけ。。。。。それが一番やばいんだけど。。。。

いろいろ不安だ。
なんでこんなことになったのか。人前であんな恰好をして踊るなんて信じられない。だいじょうぶなのか?

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eliko38.blog12.fc2.com/tb.php/2773-6afeb45b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ふくらむ季節 *TOP* つぶされたり盛られたりした一日

パッチョくん時計

最新コメント

最新記事

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

Eriko

Author:Eriko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。