2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒグチさんのライブペイント



ヒグチユウコさんの新しいぬりえ本発売日ということで、ライヴペインティングを見て来ました。

近所なので散歩がてら。

早めの時間は入場制限があったようだが、私は夕方終わる一時間前に行ったので、すぐ入れた。
まあ、みんな、猫の顔を描いてるところを見たいから早くから来たんだろうけど、私は雰囲気だけあじわえればよかったので、充分だった。

後ろ向きで描いている人の、背後一メートルくらいで、手元をガン見。

思ったよりずっと早くてびっくりした。

いや、そりゃあれだけたくさん描いているのだから仕事が早いのだろうとは思ったけど、細密に毛の一本一本まで細かく描いてあるような感じだから、もっと時間がかかるのかと思っていた。
猫の顔くらいまでで一日終了かと思ったら、猫の顔の下にケープみたいにたっぷりお花や葉っぱやリボンなどが美しく描かれてすっかり一枚仕上がりそうな勢いだった。

とにかく思ったより手の動きが早かった。
迷いもなかった。
あっというまに、黄色いアネモネが平面的だったのが生き生きと立体的になるさまを見た。
さくさく鉛筆で描いて、さくさく色を塗っていくのを見ながら、「鍛錬」ということを思った。
こうなるまでの、ここでは見る事のできない、長い鍛錬のようなもの。

今の自分は鍛錬が足りないのだ、とつくづく思った。

もっと長い時間をかけて鍛錬していくしかないのだな。

別に、絵は描きませんけども。。。

帰りにマッサージに寄ろうと思ったら、あと30分かかると言われたので、デニーズに入ってお茶する。

隣の席におばあさん二名。
白髪の方と、グレイの髪の方。

白髪の方が、私の席のメニューに手をのばして、取った。

グレイ「あらそれお隣のよ」
白「だってこっちのほうが目に入ったんだもの
私「どうぞどうぞ」
グレイ「わたしたちのはここにあるのよ」
白「同じじゃないの、どっちでも」と見続ける。そしてあんみつを頼むことに決める。
白髪のおばあさんは、メニューを私に「はい」と渡して返した。
グレイのおばあさんが「ごめんなさいねえ」と言って笑った。

お二人はさんざんおしゃべりしていた。私は本を読んだが、おしゃべりは全く気にならなかった。

なぜ、うるさいおしゃべりと、そうでないのがあるのだろう。

帰りがけにグレイの方が「おさわがせしました」とお辞儀をした。

* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eliko38.blog12.fc2.com/tb.php/2782-f20414d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

誕生日周辺 *TOP* ひゃくまんさんって……

パッチョくん時計

最新コメント

最新記事

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

Eriko

Author:Eriko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。