2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンサーになりました



ベリーダンスをなんとなく習い始めたのは、2011年の初めごろでした。

最初は基本の姿勢をとるのもできなくて、やっと自然にできるようになったころに、地震がきた。

3月11日の後、必死に体を整えようとした覚えがある。だからそう間もないころだったと思うけど、いつものダンスクラスに行きました。でも、体がかなり前のめりになっていて重心を直そうとしてもぜんぜんできなくなっていて、基本の姿勢がとれなかったことをよく覚えています。先生がなおそうとして私の腰に触って動かそうとしたのに、すごくかたくてなおすことができなかった。

ヨガやらピラティスやらジャイロキネシスやら、体の調整はもう十年以上やってきたけど、ダンスはそれらとはもうぜんぜん違った。
最初はそれらの調整と同じような気分でやっていたのだが、次第にこれは表現なのだということがわかってきて、そのエリアを少し知らないとなーと思うようになった。
まあ、単に音楽にのって体を動かせば踊ることにはなるのだけれど、吉本ばななさんが言っていた「ダンサーとしての自我」というものは、人前で踊ることでしか得られないだろうなとは思っていて、ずっと気になっていたのだった。

一度経験しなくてはならないような気がしたのはなぜだったのか、今もよくわからないし、それが何になるのかも不明なのだけれど、とにかく昨日、初めてそれをやったのだった。

かなり大変だった。予想よりずっと大変だった。

体を使って表現する人ではないのにそれをやるっていうのがいちばんしんどかった。

私のやるべきことじゃないんだけど、というのをなかなか捨てられず。

でも結論からいえば、かなり本番は楽しかった。
緊張もせずけっこう余裕で踊ったと思う。

母とか幼馴染とか親しい友達とか、私を長く知るひとたちがけっこう見に来てくれたのだが、たぶんみんな私がかなり踊れないだろうと予想していたようで(そりゃそうだよね)、相当びっくりされた。

とにかく無事終わって、ほっとしました。

衣装を買いに行くところから始まって、お直しに行ったり、レッスン時間が二倍になったり、自主練も何度もして、ひとりでスタジオに連日入ったり、家で寝る前に毎晩練習もして、メイクも習ったり、肌のメンテナンスもしたり、持病の跡が気になってスキンクリニックに行ったり、もちろんその間も仕事はあるし、書ききれないほどの家族がらみのあれこれをいつものようにこなしながら、短歌方面はカルチャー講座の引き継ぎもしたし、原稿もいつもより多かったし、未来の仕事も増えたし、忙しすぎて自分が一番書きたいことを書く時間がなくなってきて、心底もう発表会に出るのやめたいと何度も思った。

でも12人いるダンサーチームのサブリーダーに先生から任命されてしまったり、一緒に出ることにした同じクラスの子たちのことや、特に、下手でもめちゃくちゃがんばってる子(全然できなくてもすごく明るくていっしょうけんめいで、本当に頭が下がった)の姿とか見ていると、やめるわけにもいかないと思ったのだった。

でもやっぱりいちばんきつかったのは、私のやるべきことはこれじゃないのでは、という思いがちょいちょい頭をよぎることと、自分とは根本的に違う体質の「踊れる」女子たちに交じることのしんどさが大きかったことだった。

まあそんなさまざまな葛藤を何とか乗り越え、発表会は望み通り無事終わり、たぶんずっと忘れないだろうな、という一日になりました。

舞台袖で、緊張のあまり過呼吸気味になったメンバーの一人の手を握っていたことがかなり忘れられない。
出るのは二度目で、上級者クラスの子で、そんなに緊張するタイプのようには見えなかった。
こんなになるのに、それでも出たいんだな、ということとか。緊張するだけ本気っていうこととか。その感受性のありようが心に残りました。

緊張ってことでいえば、短歌の仕事でパネリストとかやるほうがずっと緊張するなって私は思っていた。
でもそれは、自分がやるべき仕事だからだと思う。
私が一日だけダンサーになっても責任が生じないし、たとえひどい失敗をしても、辛いし恥ずかしいけど何の責任も生じないから。
別に何があっても死なないし~、と思っていた。

でも短歌の仕事でなんかやらかしたら、かなり死ぬ。存在を消される可能性が。。。。

書くことはこわいです。

でも、踊ることはひたすら楽しかった。

写真は、ダンススタジオのフェイスブックにあがっていたもの(このなかのどこかに写っている私)と、昼公演(夜と二部制で二度も踊った)の前にチームで気合入れたときのみんなの手と、ダンス中の一場面です。
かなりの衣装なので載せられないけど、たくさん写真を撮って、それも楽しかった。

来年も出る!とは今はとても思えないけど、もっと踊れるようになりたいという気持ちは強くなりました。



* コメント *

* コメントの投稿 *


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://eliko38.blog12.fc2.com/tb.php/2799-6a16c3a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画と回転寿しと八月の鯨 *TOP* 今日のかわいいものもの

パッチョくん時計

最新コメント

最新記事

リンク

月別アーカイブ

プロフィール

Eriko

Author:Eriko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。